彼氏やパートナーとのSEXがイマイチだった時の振る舞い方

bed-furumai

こんにちは。

一つ前の記事の続きです。

 

Hの後に、「イケなかったの?」「なんでイケないの?」と残念な顔をする男性に心当たりがある場合、次のような可能性が高いことをご紹介しました。

 

①女性がイッたふりをして、「イケた」と伝え、男性がそのことを鵜呑みにする。

②男性は「俺はどんな女性でもイカせられる」と思い込む。

③男性が別の女性を相手にすると、女性はイク素振りをしないため「なんでイケないの?」と言ってしまう。

④女性は「原因は私なのかな」と罪悪感を覚え、悩んでしまう。

⑤実は、SEX(中)でイケる女性は、2〜3割しかいない。

 

大好きな彼氏やパートナーに対して、優しさで気持ち良い演技をしたり、イッたふりをする女性は多いですが、残念ながら男性の勘違いなどの悪循環しか生みません。

イマイチだったのに「気持ちよかった」と伝えたり、イッたふりをすると、その場は和やかな良い雰囲気になるでしょうが、偽りが続くと、しわ寄せがやってきます。

 

では、大好きな彼氏やパートナーとのセックスでイマイチだった時、どのように振る舞えば良かったのか、考えてみたいと思います。

シンプルだけど、究極的な解決法なので、心して続きを読んで下さいね。

 

前戯や挿入などSEXの一連の中で、「気持ちよくないなー」と冷めた状態で受け身でいる女性は少なくありません。

中には、「早くフィニッシュしてくれ!」と願う女性もいらっしゃいます。

 

このような状況で、女性がとる行動は2つに分かれます。

その1:気持ち良いふりやイッたふりをして、良い雰囲気で過ごす。

その2:気持ち良いふりや、感じている様子を見せない。

 

その1では、男性が「俺はHが上手いんだ」と誤解して、努力や改善を怠る結果に繋がるので、女性側のフラストレーションが貯まっていきます。これが、いわゆる”しわ寄せ”です。

その2の方では、男性は自信をなくしたり、Hがつまらないと感じる可能性があります。

つまり、好きな人とのHがイマイチだった場合、“気持ち良いふりをする”ことも、“感じている様子を見せない”こと、どちらも得策とは言えないんです。

 

どのような反応をすれば良いのかと言うと、、

Hの最中、「気持ち良いかな」「この動作を続けて欲しいかな」と感じたところで、オーバーリアクション(感じたふり)をする。

です。

逆に、気持ち良いと感じない動作には反応しないことが大事です。

 

こうすると、男性は「お、ここを触れば気持ち良いのか」「こんな風にしても感じないのか」などと学習していきテクニックが磨かれ、女性は気持ち良さを求めることができるようになります。

Hにマンネリするのと反対に、会うたびにお互いが楽しく気持ち良くなれるわけです。

 

ぜひ、心がけてみてくださいね!

 


東京の女性専用性感マッサージ BtPleasure


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る