anan(アンアン)SEX特集 2011年号の内容⑥

2011_hyoushi

こちらからの続きです。

an・an (アンアン) SEX特集 2011年9月7日号

発売日 :2011年8月31日
モデル :大倉 忠義さん
タイトル:最高に気持ち良いSEXって?
付録DVD:Orgasm Lesson(オーガズム・レッスン)

SEXにまつわる素朴なギモン Q&A

読者から寄せられたセックスの悩みやギモンに性のスペシャリスト(宋 美玄さん、吉田 潮さん)が詳しくお答えするコーナーです。

宋 美玄さん:産婦人科医、性科学者。セックスや妊娠について積極的な啓蒙活動を行う。著書「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」が40万部を超える大ヒット。
女医が教える 本当に気持ちのいいセックス

吉田 潮さん:ライター、イラストレーター。性に関する特集を数多く担当。セックスを楽しむノウハウ満載の著書「40歳からの極める新・大人の歓び」が好評発売中。
40歳から極める新・大人の歓び (ナガオカ文庫)

anan2011_gimon

Q 1. 生理前にセックスしたくなることが多いのはなぜ?

A. 妊娠の可能性が低いから積極的になれるのかも。

ホルモンバランスからすると、一番聖欲が高まるのは排卵期。それなのに整理直前にセックスしたくなる人が多いのは、心理的要因が大きいのかも。無意識に妊娠の可能性が低い時期を選んでいたり、「整理中はできないから今のうちに」ということを考えているからでしょう。とのことです。

Q2. 女性は年齢に比例して聖欲がますって本当?

A. 経験を重ねていくにつれセックスが好きになる人は多い。

「聖欲を促すホルモン、テストステロンの分泌量を考えても、性欲のピークは20代のはず。30代になると男性の性欲が落ち着き、時間や回数にもの足りなさを感じたり、経験的に余裕が出ていろんなことを試したくなるのかも。それが、Hになったように思われるんでしょう(宋先生)。

また、年とともにセックスをより楽しめるようになる。と吉田さん。「むだ毛や贅肉を気にして集中できない女性って多いですよね。年をとるとそんな恥じらいも薄まり、より本能的になって気持ち良くなれる。だから30歳を過ぎてセックスが好きになる女性が多いのでは」と。

Q3. 経験豊富だと、膣がユルくなるの?

A. 膣の締まりと男性経験の数は、まったく関係ありません。

「自分の膣ってユルいの?」と悩む女性も多いようだけれど・・。「一度しかセックスをしたことがない人の膣は確かに狭くて筋肉も硬い。けれど回数を重ねるほど膣が広がる、なんてことはありません。よく「膣が形状記憶する」という話も聞きますが、それもないですね」(宋先生)。

「むしろ軽々ん豊富な女性のほうが、膣のコントロールの仕方を知っているから、相手に”締まっている”と思わせることができる。締まっている=経験が少ないなんて、男性の都合のいい勘違いです」(吉田さん)。

Q4. セックスの相性って本当にあるの?

A.あります!相性抜群の相手に出会えば、確信できるはずです。

「絶対にあると思います。性器の大きさや形といった物理的な相性はもちろん、攻めと受けのバランスが合うか、どれだけスケベになれるか・・といった精神的な相性もある。本当にマッチする相手と出会えば「相性ってやっぱりあるんだ!」と実感できますよ」(吉田さん)。

外見だけで相性が合うかどうかを判断するのは難しいもの。でも、”体型”は一つの目安にはなる。「身長を含め、体型があまりにも違うと物理的に絡みにくいですよね。あとは同じ人種、例えば日本人同士のほうが、性器の大きさが合う傾向にあります」(宋先生)。

Q5. 今まで挿入でイッたことがありません。

A.挿入でイケる人は実は少ない。”膣イキ”にこだわらないで。

クリトリスでオーガズムを味わったことはあるけれど、膣では未経験という人も多いのでは。

「アンケートをとってみても、膣でイッたことがある人は3割程度と少数派。膣でオーガズムを感じられるかどうかは体質にもよるので、いくら頑張ってもイケない人もいます。一部の研究では膣の内壁の厚さによってイケるかどうかが決まるという説もあります」(宋先生)。

「膣でイクことにこだわる必要もないのでは。彼との一体感を味わいたいのなら、彼の指やローターでクリトリスを刺激してもらいながら挿入してみて」(吉田さん)。

Q6. イク感覚がわかりません。

A.イッていれば絶対にわかるはず!それくらい強烈な快楽です。

「感覚がわからない、ということはそもそもオーガズムに達していないということ。それくらい、普通の気持ち良さとは別次元のものです。イク瞬間は脳が反射的に働き、自分でコントロールできない状況になり、意識が半分飛んでしまうことも。いわばトランス状態です」(宋先生)。

そんな感覚、ぜひとも味わってみたいものだけれど・・。「焦ってイケるものではありません。ふとした瞬間にオーガズムを経験し、それから毎回イケるようになったというケースも多いので、気長にオーガズム体験に遭遇できるのを待ちましょう」(吉田さん)。

Q7. 潮吹きって何ですか?

A.Gスポットへ付近への刺激で反射的に起こる現象です。

「潮吹きが何か、まだ医学的に解明されていないのですが、説が2つあります。かなり大量に潮を吹いていたら、尿である可能性があります。Gスポットは膀胱の裏側にあるので、刺激されると尿が出てしまうんです。また、Gスポットの近くには前立腺のようなものがあり、そこから出るのも”潮吹き時の体液”だといわれています。それはごく少量で、愛液と一緒に出るため、見た目には区別がつきません。潮吹き現象は誰もが体験できるわけでもないようですので、やっきになって膣内を刺激するのはやめましょう」(宋先生)。

Q8. オーガズムに達しやすくする方法ってあるの?

A.ひとりHで、オーガズムを学習するのもひとつの手段。

セックスのたびにオーガズムを得られるのは理想だけれど・・。

「とはいえ、必ずしもイケるとは限りませんよね。オーガズムへの近道は、マスターベーションをすること。今までイッたことがない人も、まずはひとりHでオーガズムを何度か経験すれば、彼とのセックスでもイキやすくなりますよ」(宋先生)。

ただし、パートナーとのコミュニケーションも大切。

「「ここが気持ちいい」と伝え合えば、セックスが進化してオーガズムを得やすくなるはず」(吉田さん)。

Q9. 毎回、挿入されると痛いんです。ずっとこのままだと不安・・。

A.簡単に自己解決できなければ、病院で相談するのが賢明。

「原因によって対処法が異なりますが、単純に緊張して濡れにくいとか、膣の入り口が硬いと言うケースも。まずは自分の指で膣口を広げるトレーニングをしてみることをおすすめします。セックスの際、ローションや潤滑ゼリーを活用してみても。これらの解決法でもクリアできないときや、膣奥が痛い場合は、子宮の病気が原因となっていることもあるので、婦人科で相談を」(宋先生)。

ローションやゼリーを使うことを彼に言いにくい人はこんな手段を。「挿入前に、自分で膣内にローションを仕込んでおけば「こんなに濡れてる」と彼も喜ぶはず」(吉田さん)。

Q10. 精液って飲んでしまっても大丈夫なの?

A.特に問題はないけれども、飲む必要はないのでは・・。

「相手が淋病やクラミジアなど、感染症にかかっていないことが確実にわかっていれば、飲んでしまっても特に問題はありません。「精液の中に男性ホルモンが含まれていて、飲むとヒゲが生える」とか「コラーゲンが含まれていてキレイになれる」という話も時々耳にしますが、何の根拠もない俗説です」(宋先生)。

「男性が精液を飲ませたがるのって、AVの影響ですよね。征服欲を満たしたいのでしょう。年でいる自分が好きならいいけれど、相手に要求されたからといって飲む必要はありません。嫌いなら嫌いと、キッパリ断って」(吉田さん)。

こちらへ続きます。

 


東京の女性専用性感マッサージ BtPleasure


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 4月 08日

おすすめ記事

ページ上部へ戻る